政権党がプラユット氏を首相に推挙 党首「私は体力面で問題」

最大与党・国民国家の力党(PPRP)の党首を務めるプラウィット副首相は10月6日、次期総選挙において同党がプラユット首相(67)を次期首相候補として擁立する方針であることを再確認した。次期総選挙は任期満了なら2023年に実施されることになるが、一部では「早ければ2022年前半」との見方も出ている。

プラウィット副党首(76)はまた、「PPRPはなぜプラウィット氏を首相候補に擁立しないのか」との記者の質問に対し、「体力の面で問題がある」と返答した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る