バンコク都知事選 与党第2党が元大学学長の擁立を決定

与党第2党・民主党は12月13日、来年実施されるバンコク都知事選挙にモンクット王工科大学ラートクラバン校の学長経験者であるスチャトウィー氏(49)を同党の候補として送り込むことを決めた。民主党は伝統的にバンコクと南部を支持基盤としており、バンコク都知事選ではこの数十年間に同党から出馬した複数の候補が当選を果たしている。

次期バンコク都知事選の立候補者に関してはさまざまな情報が飛び交っているが、これまでに出馬を正式発表したのはチャチャート元運輸相とロサナ元上院議員の2人のみ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る