タイ政府がジェット戦闘機4機の購入を承認 138億バーツを拠出

政府庁舎関係筋によれば、政府は1月11日の閣議で新型ジェット戦闘機の飛行編隊8機のうち最初の4機を来年度(今年10月~来年9月)からの4年間の国家予算から138億バーツを拠出して購入するというタイ空軍の提案を大筋で承認した。同筋は、「戦闘機購入は今日(11日)の閣議で認められたが、購入案が記された書類にはマル秘の判が押されていた」としている。

また、ナパデート空軍司令官は米国製ステルス戦闘機F-35の導入に強い意欲を見せていたが、空軍がどの機種を購入するかはまだ本決まりとはなっていないという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る