タイ空軍 米国製の第5世代戦闘機を購入か

ジェット戦闘機購入計画に関する検討を進めている空軍委員会が、米国製の第5世代ジェット戦闘機の購入を決めた。タイ空軍広報官が3月7日、報告した。

第5世代ジェット戦闘機とは、各国が2000年代から配備しているジェット戦闘機の一群を指し、米国製ではF-22やF-35が該当する。同報道官によれば、第5世代ジェット戦闘機の特徴は、ステルス性など5つの特性を備えているという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る