最大与党党首と現首相で次期政権の首相の座を奪い合いか

与党第一党・国民国家の力党(PPRP)の党首を務めるプラウィット副首相はプラユット首相の盟友で、現政権のナンバー2とされる人物だが、ここに次期総選挙で首相の座を狙おうと考えているのではないかとの憶測が出ている。

関係筋によれば、PPRPが全国主要都市でプラウィット副首相の写真を用いた大型広告看板を道路脇に設置しており、「プラウィット氏を前面に押し出して次期首相の有力候補としてアピールしようとしたのではないか」との見方が出ている。

プラユット首相は首相を続ける意向を示しており、プラウィット副党首が名乗りを上げれば、2人は首相選びで競い合うことになる。ただ、PPRP副党首のチャイウット・デジタル経済社会相は、「プラウィット氏は以前と同じようにプラユット首相と仲がよく、そのようなこと(次の首相になること)は考えていない」と強調している。次期総選挙は早ければ来年初めにも実施される見通し。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る