下院特別委 カジノ開設案の国会上程を予定

カジノを備えた娯楽複合施設の開設を検討している下院特別委員会は5月の通常国会開幕に伴い、同施設の開設案を議会に上程する予定という。同委員会は内閣の代表15人と政党の代表45人の計60人で構成されている。

タイ国内には違法な賭博場が数多く存在しているとされ、また、ギャンブル好きのタイ人が近隣国のタイ国境に近い場所に建設されたカジノに足繁く通っていたとも報じられているが、タイ国内に合法的にカジノを開設することについては社会的影響を懸念する声などが非常に強く、いまだに実現に至っていない。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る