民主党元副党首のセックススキャンダルでチュアン下院議長の党首復帰案浮上

与党第2党・民主党がプリン元副党首のセックススキャンダルで大揺れに揺れているが、サティット副党首はこのほど、現在下院議長を務めるチュアン元民主党党首(83)の党首復帰について、「国民の民主党に対する信頼を回復するためのアイデアとして検討に値する」との見解を示した。

チュアン氏の再登板を提言したのは同党幹事長を長年務めたステープ氏で、同氏は党の執行委員会にこの問題の責任をとるよう求めている。なお、現党首のチュリン副首相兼商務相は、「この問題から逃げるのは無責任。問題に立ち向かう必要がある」として党首辞任を否定している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る