バンコク都知事選 人気トップはチャチャート元運輸相

 タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)とスアンドゥシットラチャパット大学が先に発表した世論調査結果によれば、5月22日投開票のバンコク都知事選の候補者であるが、いずれの調査でも人気トップは無所属のチャチャート氏であり、同じく無所属のアサウィン前都知事が2位だった。世論調査はNIDAが4月27~29日、スアンドゥシットが4月12~18日に実施され、それぞれ1357人、2522人が回答した。

チャチャート候補とアサウィン候補の支持率であるが、NIDAが44.58%、11.27%、スアンドゥシットが39.94%、14.16%だった。

チャチャート候補はタクシン派インラック政権で運輸相を務めた人物。アサウィン氏は警察出身で、副都知事在任中の2016年に軍当局によって任命され都知事を務めてきたが、先に今回の都知事選に出馬するために都知事を辞任した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る