バンコク都内の池から人骨発見 3人目の犠牲者のものか

1月初めにバンコク都バンケー区ソイ・ペットカセム47に住む容疑者の男の自宅敷地内でポリ袋に入れられた女性(22)の遺体が地中から見つかった事件では、自宅近くの池から2人目の犠牲者のものとみられる人骨が見つかっていたが、警察は23日、池から金属製の箱を引き揚げ、その中に3人目の犠牲者のものとみられる人骨があるのを確認した。

シリラート病院の医師によれば、今回見つかった人骨のうち骨盤から判断するに、人骨は18歳以上の女性のものと推測されるという。

最初の犠牲者は容疑者とつきあっていた女性とされるが、警察関係筋によれば、2番目と3番目の犠牲者については、ともに8、9年前に行方不明の届け出のあった当時12歳の少女と当時18~20歳の小柄な女性であるとの見方が出ている。

関連記事

ページ上部へ戻る