10カラットのダイヤ盗難事件で警察が逮捕状請求 容疑者は名を4回変更

インド人宝石商が騙され10カラットのダイヤモンドを盗まれた事件で、警察はこのほど、59歳の男とその共犯者とみられる2人の逮捕状を裁判所に請求したことを明らかにした。

主犯とされる男は前科があり、また、これまでに名を4回変更しているとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る