10カラットのダイヤ盗難事件 容疑者をタイ国境で逮捕

警察関係筋によれば、先にバンコクでインド人宝石商を騙して10カラットのダイヤモンドを盗んだ容疑で指名手配されていた男(59)を12月14日、カンボジアと国境を接する東部チャンタブリ県の国境検問所で逮捕した。

容疑者が宝石を盗んだ後、近くで待っていたオートバイに乗り逃走する画像が防犯カメラに残されていた。宝石商は「ダイヤを1000万バーツで売りたい」との広告をネット上に出していたことから、容疑者は宝石店の店主を装って宝石商からダイヤを騙し取ることを思いついたようだ。

関連記事

ページ上部へ戻る