1500人以上のタイ人が騙されカンボジアで特殊詐欺への加担強要

 警察庁のスラチェート長官補によれば、労せずに高額の収入を得られるとの偽情報に騙されてカンボジアで特殊詐欺グループなどの手先となって働かされているタイ人が1500人以上いることが予想されるという。

カンボジアに渡ったあと、犯罪組織からタイに詐欺の電話をかけさせられ、これを拒むと脅されたり、暴力を振るわれたり、ほかの犯罪組織に売られたりすることになるとのことだ。

タイ警察はカンボジア当局と共同捜査をしており、これまでにカンボジアからタイに帰国できたタイ人は700人ほどにのぼっている。

アーカイブ

ページ上部へ戻る