タイ治安部隊 タイ最北県で麻薬組織構成員8人を射殺

タイ最北端のチェンライ県で4月30日、メーファールアン郡の国境地帯で麻薬組織のメンバーとみられる集団とタイの治安部隊による銃撃戦があり、組織の構成員とみられる8人が撃たれて死亡した。

午前1時半ごろ、国境地帯をパトロールしていた治安部隊が荷物を運搬中の不審者約10人と遭遇。部隊が停止するよう合図を送ったところ発砲してきた。銃撃戦は約10分間に及んだ。夜が明けてから一帯を調べたところ、8人が死亡しており、また、近くに散乱していた荷物から合計675万錠の覚醒剤とみられるものが見つかった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る