誤認逮捕でタイ警察に338万バーツの賠償命令 民事裁判所

南バンコク民事裁判所は6月29日、タイ警察庁に対し、警察に誤認逮捕され、警察官から拷問を受けた男性に338万バーツの賠償金と7.5%の利息を支払うよう命じた。男性は2017年に警察を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こしていた。

この男性は2009年1月28日に東部プラチンブリ県で警察官に窃盗容疑で逮捕され、取調中に拷問された。のちに男性の潔白が証明され、拷問にかかわった警察官は有罪となり処罰されることになったものの、男性は警察に損害賠償を求める民事訴訟を起こしていた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る