スワンナプーム空港 大量のウナギ稚魚を押収 EUは輸出規制

スワンナプーム空港で2回にわたり冷凍エビと偽ってウナギの稚魚がタイに持ち込まれた。箱などを含めた総重量はそれぞれ357キロと352キロ。ルーマニアから輸入されたものだった。

欧州にはヨーロッパウナギが生息しているが、その数が近年大幅に減少しており、EUは輸出を厳しく規制している。今回スワンナプーム空港で見つかったシラスウナギは第3国に持ち込まれる予定だったとみられている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る