寺院内殺人事件 寺男が自首「窃盗計画を知って激怒した」

タイ南部ソンクラ県ハートヤイ郡で8月14日朝、仏教寺院の敷地内で男性の遺体が見つかった事件で、警察はこのほど、同日午後5時ごろ警察署に自首してきたこの寺の寺男(47)を殺人容疑などで逮捕したと発表した。 容疑者によれば、13日夜に男性が携帯電話で誰かと寺に強盗に入る計画を話しているのを聞いて激怒。棒で男性の頭部を3回殴って殺害したとのことだ。容疑者は、「寺の金庫には現金が40万から50万バーツほど入っていたため、これを狙ったようだ」と話している。

アーカイブ

ページ上部へ戻る