タイ東北部 銀行強盗容疑で軍人を逮捕 動機は借金返済 

12月24日に東北部ブリラム県ムアン郡(県庁所在地)のクルンタイ銀行支店に賊が押し入り現金100万バーツあまりが奪われた事件で、警察はこのほど、ムアン郡の軍施設に所属する軍人の男(48)を銀行強盗容疑で逮捕したと発表した。

防犯カメラに容疑者のピックアップトラックの映像が残されていたことから容疑者が特定された。容疑者は借金を返済するために銀行強盗を思いついたという。奪われた現金のうち50万バーツは自宅内で、30万バーツは近くの森の地中から発見された。

関連記事

ページ上部へ戻る