業者2人が低品質ドリアンを中国に輸出か タイ南部

タイ南部チュムポン県でドリアンの取扱業者2人が外国から輸入した低品質のドリアンをタイ産と偽って中国に輸出していた疑いが浮上し、関係当局が法的措置を執る手続きを進めている。

農業省農業局によれば、国境での検査でこれら業者の扱った合計38トンに及ぶドリアンが未熟だったり、虫がついていたりしたのが確認された。検査に加わった関係者によれば、問題が見つかったドリアンはその色からタイ産とは思えなかったという。

摘発されたドリアンは低品質であったことから、安く仕入れることができたはずであり、これを通常のタイ産ドリアンとして輸出することで大きな利益を得ようとしていたようだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る