保育園大量殺人事件の犠牲者が荼毘に付される

タイ東北部ノンブアラムプー県で起きた元警官による大量殺人事件の犠牲者36人の遺体が10月11日、荼毘に付された。犠牲者の数が多かったことから、3カ所の寺院で王室からのご支援のもと、それぞれ19体、11体、6体の火葬が執り行われ、チュリン副首相兼商務相やスパタナポン副首相兼エネルギー相らが列席した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る