学校の裏手に焼死体 警察は自殺と他殺の両面で捜査 タイ東北部

タイ東北部ブリラム県からの報道によれば、同県プラコーンチャイ郡で、出稼ぎ先のドイツから戻ったばかりの男性(23)が自宅近くの学校の裏手で焼死体で見つかった。地元警察は今のところ、情報を収集中であって事実関係をまだ十分に把握しておらず、自殺か他殺かを決めかねているという。警察の担当者によれば、これまでに約10人から聞き取りを行った。

男性の妻によれば、自宅で妻が自身の誕生日パーティーを催したが、その最中に男性が姿を消し、しばらくして約500メートル離れた学校の裏で焼死体で見つかったとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る