13歳の女子生徒への強制性交容疑で体育教師が出頭

東北部カラシン県クラナライ郡で10月25日、13歳の女子生徒を強姦した容疑を受けられている体育教師の男(45)が弁護士を伴い警察に出頭。警察は同容疑者を12日間身柄拘束するための許可を裁判所に申請した。これは容疑者が釈放された場合、証拠隠滅に走る恐れがあるため。

女子生徒への性的暴行の疑惑が表面化したのは、この生徒が苦しんでいることを記したコメントがネット上に投稿されたことがきっかけとなった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る