タイ東北部県 麻薬検査で公務員21人が陽性

タイ東北部コンケン県のクライソン知事は11月11日、治安当局が先ごろ、APEC首脳会議開催にむけた治安強化策の一環として麻薬と違法銃器の一斉取り締まりを全国で実施したが、この取り締まりで行われた薬物検査でコンケン県では公務員21人が陽性との結果が出たと明らかにした。

また、コンケン県ではこの取り締まりで880か所から覚醒剤76万錠や多数の銃器、爆発物、実弾が発見、押収され、また、銃器の不法所持などの容疑で合計192人が逮捕されたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る