アヌティン保健相がパタヤの若者の大麻吸引に言及

アヌティン保健相は12月2日、パタヤの海岸で年少者2人が大麻を吸っている写真がネット上に拡散していることについて、「明らかな法律違反であり、警察は大麻を販売した者を見つけ出さなくてはいけない」と述べた。大麻は6月9日に麻薬リストから外され医療目的に使うことなどが合法化されている。 保健相の説明によれば、大麻合法化は社会的・経済的理由で医療目的に大麻を利用することを主眼としたもので、嗜好目的の大麻摂取を奨励するものではないという。また、問題の写真については、何者かが何らかの目的を持って意図的に撮影し合成したものである可能性もあるとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る