バンコクで飲食店違法経営の中国人旅行者を逮捕

バンコクのチャイナタウンで観光ビザで入国した中国人が飲食業にかかわっているとの苦情が出ていることがマスコミで取り上げられ、関心を集めていたが、警察当局はこのほど、バンコク都ホワイクワン区ラマ9世通りで不法に中華料理店を経営していた容疑で中国人旅行者の男3人を逮捕したと発表した。

これら中国人は警察官が店に踏み込んだ際、1人は売り上げの計算をしていて2人は厨房で料理を作っていたとのことだ。3人は観光ビザでタイに入国しており、労働許可証は取得していなかった。

アーカイブ

ページ上部へ戻る