タイ南部の踏切事故で母子死亡 列車に気が付かず踏切に進入

南部スラタニ県タチャナ郡で1月22日午前7時半ごろ、警報器・遮断器のない鉄道の踏切でピックアップトラックとバンコク発ヤラ行の列車が衝突し、トラックを運転していた女性(34)と同乗の息子(10)が死亡する事故が起きた。

列車は大破したトラックを巻き込んだまま約400メートル走行して停止した。警察によれば、女性はトラックで息子を学校に送る途中であり、列車が近づいていることに気づかずに踏切に進入したとのこと。

関連記事

ページ上部へ戻る