タイ東北県の歩道橋に20歳の男性の首つり死体

タイ東北部ナコンラチャシマ県からの報道によれば、ムアン郡(県庁所在地)で1月26日、スラナコン市場前の道路の歩道橋にかけたロープで首をつった状態で男性が死亡しているのが見つかった。発見者から警察に通報があったのが午前2時ごろ。死亡していたのは東北部ブリラム県ラムプライナート郡在住の29歳の男性だった。検死した医師によれば、死亡時刻は発見の約2時間前とのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る