タイ南部の9家族 10年以上水道と電気のない生活に我慢の限界

タイ南部トラン県ムアン郡(県庁所在地)に住む9家族がこのほど、関係当局に対し、電力と水道を利用できるようにしてほしいと求めた。これら家族の住む場所は主要道路から1キロあまりしか離れていないにもかかわらず、電線も水道管も通じておらず、約10年にわたり不便な生活を余儀なくされているという。

暗くなると子どもたちはロウソクの火の明かりのもとで勉強。生活用水も近くにある池の水を使っているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る