コンビニ店員を刺した男を逮捕 犯行動機はバイクのローン返済

東北部ナコンラチャシマ県で1月29日夜、コンビニエンスストアに入ってきた男に店員が刃物で腹部を刺された事件で、警察は2月2日、防犯カメラの映像から容疑者を特定し、同県内の自宅で容疑者の男(29)を逮捕した。

取り調べに対し、容疑者は、「オートバイのローンを返済するためにカネがほしかった」と犯行を認めている。

容疑者は店員を刺した後、現金を奪おうとしたが、現金の入った引き出しが施錠されていたため、何もとらずに逃走した。

関連記事

ページ上部へ戻る