日本人狙いの詐欺行為で女装男を逮捕 「日本人の男に復讐したかった」

タイ警察庁入国管理局によれば、昨年12月からバンコクで主に日本人を狙って詐欺を繰り返していた容疑でタイ人の男(43)を2月2日、バンコク都パヤタイ区のホテル近くで逮捕した。被害額は1000万バーツを超えるという。

在タイ日本国大使館が過去約2カ月間で10人以上の日本人が女装の男に騙されたとの同局に連絡していた。容疑者は今回と同じような詐欺事件で2015年に有罪判決を受けて服役していたが、昨年12月に出所すると、またすぐに詐欺を始めた。

容疑者は取り調べに対し、「過去に日本人のボーイフレンドからひどい目にあわされたので、日本人の男に仕返しすることにした」と自供。バンコクのトンローやスクムビット通りの繁華街で台湾人や香港人と称して日本人に近づき、「財布を盗まれた」などと偽り同情を誘い、金を借りたまま返さないという手口で詐欺を繰り返していたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る