郵便配達員が犯罪制圧課に助け求める 「地元警官が殺人犯に仕立て上げようとしている」

タイ西部カンチャナブリ県在住の郵便配達員の男性(27)が2月5日、警察庁犯罪制圧課(CSD)に対し、「地元の警察官から殺人未遂などの濡れ衣を着せられようとしている」と訴えて助けを求めた。

男性によれば、1月15日に同県ムアン郡(県庁所在地)で酔っ払った警察官から数回にわたって発砲されたが、この警察官が殺人未遂や公の場での銃所持などの容疑をでっち上げて男性を逮捕しようとしているとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る