バンコク隣県 チャオプラヤ川に浮かぶ頭部 性別は不明

バンコクに隣接するサムットプラカン県プラプラデン郡で2月6日、チャオプラヤ川に人の頭部が浮いているのが見つかった。

警察によれば、顔面が膨れあがっていて性別は判断できず、また、頭部が何者かによって切断されたのか、船のスクリューで切断されたかも不明とのことだ。頭部が川に浮いていた期間は長くて4日ほどとみられている。頭部は科捜研に送られた。

なお、警察が聞き込みを行ったが近隣住民の中にこの人物に心当たりのある者はいなかったという。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る