タイ南部で覚せい剤大量所持の男をおとり捜査で逮捕

最南部ヤラ県の警察本部は2月11日、同県と隣接するソンクラ県のラタプーム郡で9日、覚せい剤の売人の男(38)を逮捕するとともに末端価格約1000万バーツにのぼる覚せい剤30万錠を押収したと発表した。

この男が売人であることを突き止めた警察が、「覚せい剤を売ってほしい」と持ちかけ、約束の場所に現われたところを逮捕した。警察は今月初めに薬物組織のメンバーを逮捕しており、これが今回の逮捕につながったとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る