流れ弾で少女死亡 発砲した男を逮捕 「敵対グループに向け発砲した」

タイ東北部ブリラム県ラムプライマート郡で2月16日、女子生徒(14)が流れ弾に当たり負傷し、病院への搬送中に死亡した事件で、警察は18日、発砲したとされる男(30)を逮捕するとともに、証拠品としてピストルを押収した。

男の証言によれば、男は敵対する若者グループに向って発砲したものの、弾丸は命中せずにグループの後方にいた女生徒に当たってしまったという。

関連記事

ページ上部へ戻る