象を使った観光アトラクションでトラブル続く  突如暴れ出すケースも

タイ南部パンガ県からの報道によれば、象を使った観光アトラクションで旅行者3人が負傷する事故が起きたことから、県当局が管理者に対し、同様の事故発生を防止するための安全対策を講ずるよう求めた。

事故は2月19日に2件起きており、ムアン郡(県庁所在地)の事故ではショーの最中に象が暴れて旅行者2人が負傷。タププット郡では象が少年を背中に乗せたまま森の中に走り込み、少年が負傷した。

関連記事

ページ上部へ戻る