タイ南部の踏切事故で母子3人死亡 雑草が視界さえぎる

タイ南部スラタニ県プンピン郡で2月23日朝、遮断器のない踏切で乗用車が列車と衝突し、車を運転していた女性(34)と娘2人(4、7)が死亡する事故が起きた。

踏切周辺は背の高い雑草が茂っていることから視界が遮られており、注意を促す看板も設置されていた。このため、事故現場を訪れた県知事は、早急な草刈りを指示している。

車は衝突で大破し、列車は車を押す格好で約50メートル先で止まった。母子3人は致命傷を負い車内に閉じ込められていた。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る