タイ最南部 一般市民が戦闘服を模した服を着ることを厳禁

タイ最南部3県ではイスラム過激派によるテロが頻発し、治安が極度に悪化した状態が続いている。このなか、国内治安作戦司令部(ISOC)は3月5日、「過激派が兵士を装って犯行に及ぶケースが少なくない」として、これら3県と隣接のソンクラ県の4郡で兵士が着用している戦闘服などに似た服を一般人が着ることを禁止した。

違反した場合、1~4年の禁錮刑が科される可能性があるという。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る