バンコク 女子大生が転落死 「学業のプレッシャーに耐えられない」とのメッセージ

バンコク都チャトゥチャク区にある国立カセサート大学で3月6日午後4時30分ごろ、同校の女子学生がビルの8階から転落して死亡した。警察は自殺の可能性が高いとみているという。

キャンパスにいた学生によれば、大きな音がしたので、その方向を見たら、大学のユニフォーム姿の女子学生が地面に倒れていたとのことだ。携帯電話には、「学業のプレッシャーに耐えられない」という両親宛のメッセージが残されていたという。

関連記事

ページ上部へ戻る