プーケット 喧嘩に負けたタクシー運転手が勝った運転手を射殺

観光の島として知られる南部プーケット県でタクシー運転手同士のけんかが殺人に発展する事件が起きた。

カトゥー郡パトンのホテル前のタクシー乗り場で3月7日朝、タクシー運転手2人が取っ組み合いのけんかとなったが、負けた方の運転手の男(48)が家に戻り拳銃を持ち出しオートバイで現場に戻り、けんかに勝った運転手の男性(46)に向け数回発砲したという。

男性は病院に搬送される途中で死亡。発砲した男は現場から逃走した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る