バンコク都内の歩道橋に首つり死体 金銭問題抱えた34歳のタイ人男性

警察によれば、バンコク都ワントンラーン区で3月9日午前0時30分ごろ、歩道橋の手すりにかけたナイロンロープで男性が首をつって死んでいるのが見つかった。警察では自殺した可能性が高いとみている。

死亡したのは34歳の男性で、弟(29)によれば、男性は1年ほど前に離婚して一人住まいで、金銭的な問題を抱えていたという。

関連記事

ページ上部へ戻る