指名手配の容疑者が投票所から池に飛び込み死亡 バンコク

バンコク都バンケン区で期日前投票が実施された3月17日、複数の容疑で逮捕状の出ていた容疑者の男(45)が逮捕を免れようと投票所から逃げ出し、近くの寺の池に飛び込み死亡するという事件が起きた。

詐欺などを繰り返していた容疑者に出ていた逮捕状は19枚。カツラをかぶるなど変装していたが、投票所で警察官に見破られたため、走って逃げ出してすぐ近くの寺の池に飛び込んだ。

池の水深は3メートルほどあり、そのまま姿を現さなかったことからダイバーが池の中を捜索。死亡しているのを発見した。

関連記事

ページ上部へ戻る