チェンライ 藪の中から大量の覚せい剤 総選挙投票日に密輸か

タイ北部チェンライ県からの報道によれば、3月25日、軍のパトロール隊がメサイ川沿いを巡回していたところ、連れていた軍用犬が藪に向って激しく吠えたため、その場所を調べたところ、大量の覚せい剤が詰まった袋が見つかった。袋の中には、覚せい剤を約1万錠ずつ小分けにしたものが5つ、計50万錠あまりが入っていた。

軍によれば、軍や警察の仕事が増える総選挙投票日を狙って何者かがボートで隣国から覚せい剤を持ち込んで藪に隠しておいたところ、タイ側の仲間がとりに来る前に軍のパトロール隊が発見したとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る