ドイツ人男性がマッサージ中に発作起こし死亡 脳卒中か

タイ東部チョンブリ県からの報道によれば、4月7日、バンラムン郡のマッサージショップでドイツ人男性(67)がマッサージを受けている最中に発作を起こし、病院に搬送される途中で死亡した。同ショップの従業員によれば、男性は15分ほどマッサージを受けた後急に変調を来したという。

その後、病院への搬送中に死亡が確認された。警察では、脳卒中など自然死の可能性が高いとみている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る