タイ最南部で運転手の居眠り事故 教師5人が死亡

タイ最南部のナラティワート県バチョ郡で4月10日、走行中のバンが道路をそれて樹木に激突する事故が発生。この車に乗っていた教師5人が死亡し、運転手を含む8人が重軽傷を負った。バンはイスラム教に関する研修のため隣国マレーシアに行っていた教師たちをソンクラ県ハートヤイで乗せてナラティワート県に戻ってきたところだった。警察によれば、現場にはブレーキの痕跡がなく、運転手の居眠りが事故の原因とみられるという。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る