タイ国境地帯で銃撃戦 ケタミンの運び屋4人を射殺

タイ最北のチェンライ県メサイ郡で5月11日午後9時すぎ、タイ軍のパトロール隊がミャンマー国境近くで不審な約30人のグループと遭遇し、停止するよう求めところ発砲してきたことから銃撃戦となった。

翌朝、パトロール隊が現場を調べたところ、男4人が死亡しており、グループがミャンマーから持ち込んだとみられるケタミン約340キロが見つかった。

麻酔薬の一種であるケタミンは、幻覚剤として知られており、若者などの間での乱用が社会問題となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る