プーケット ダイバーが海底で大砲発見 200年前のものか

タイ南部プーケット県でこのほど、ラチャノイ島近くの海底に大砲が沈んでいるのをダイバーらが発見した。船に搭載されていたとみられるこの大砲は約200年前のものとみられている。大砲のすぐそばで方形状の砲台も確認された。

タイ南部ではラノン県で1983年に地中から大砲が見つかっているが、形状が似通っており、同じ時代の大砲と考えられるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る