人気女性歌手ナムターンさんが死亡 非常にまれな脳出血

6月11日にバンコクの西に隣接するサムットサコン県の自宅で鼻と口から大量出血し、病院で治療を受けていた歌手のナムターンさん(28)が14日午前、入院先のシリラート病院で脳浮腫のため死亡した。

ナムターンさんは地元のサムットサコン病院に搬送されたが、翌12日に設備の整ったバンコクのシリラート病院に転院。治療に当たった医師らは記者会見し、非常にまれな脳出血だと説明していたが、13日夕方に容体が急変。翌14日に脳実質内の異常な水分貯留で脳容積が増大する脳浮腫によって帰らぬ人となった。

脳出血の原因はまだよくわかっていないため、ナムターンさんの遺体は遺族の同意のもとに病理解剖が行われることになった。

関連記事

ページ上部へ戻る