タイ東北部 野生象2頭が村を襲う 民家と畑に被害

東北部ナコンラチャシマ県からの報道によれば、6月15日夜、ワンナームキアオ郡タワンサイ村が野生象2頭に襲われ、民家1棟が壊されたほか、畑が荒らされた。

この村はカオヤイ国立公園の近くに位置しており、これまでにも何度か公園内に生息する野生動物に襲われ被害の出たことがあるという。今回村にやってきた象も公園内に生息している。

野生動物が村を襲うのは通常暗くなってからのため、この村では住民が夜の見張り番をしているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る