タイ国旗などを捨てた容疑で外国人3人を逮捕 犯行時は泥酔 国籍発表されず

ミャンマーと国境を接する北部メホンソン県で7月1日、タイの国旗と王室旗を不適切に扱った容疑で外国人3人が逮捕された。

警察によれば、3人はパーイ郡の橋に掲げられていた旗を持ち去り、宿泊していたホテルの近くに捨てたという。3人は当時酒に酔っており、警察も3人に旗を壊す意図はなかったものとみている。ただ、この3人の氏名や国籍は発表されていない。

関連記事

ページ上部へ戻る