韓国での就職斡旋詐欺を繰り返したタイ人夫婦を逮捕 被害額500万バーツ

タイ警察は7月8日、韓国に行って働けば高い給料を手にすることができるなどと偽って金銭を騙し取る詐欺を繰り返していた夫婦を北部ウタラディット県で7日に逮捕したと発表した。夫(36)と妻(29)が働いた詐欺は確認されただけで13件という。

ナコンラチャシマとチャイヤプムの2県で警察に被害届が提出されており、被害は合計500万バーツに上っている。

タイ警察によれば、2人は、「韓国で働き4万~6万バーツの月給を手にできる」と持ち掛け、希望者から職業紹介料として1人当たり5万~7万バーツを騙し取っていたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る