タイ警察 秋田県での放火容疑で日本人の身柄を拘束

タイ警察当局は7月9日、秋田県で知人男性の親戚宅に放火した疑いで国際手配されていた山崎勝彦容疑者(62)の身柄をバンコク都プラナコン区のオールド・サイアム・プラザで3日に拘束したと発表した。

警察によれば、同容疑者はタイで知人男性に2万バーツを要求したが拒否されたことから日本に戻って男性の親戚宅を放火したという。その後、要求額を5万バーツに引き上げたことで、男性が日本大使館に通報したとのことだ。

同容疑者は今年2月以降、複数回にわたりタイに入国していた。日本の警察では、日本への強制送還後、逮捕する方針。

関連記事

ページ上部へ戻る